本文へ移動

会社案内

コンセプト

近年、産業構造が大きく変わりつつあります。
そういった流れは、我々板金加工業も例外ではありません。
例えば、図面のCAD化に伴いCADデータでの支給、
ブランク加工のレーザー指定等(追い抜き加工不可)、従来の
板金機械では対応できないこともあります。これらの流れに対応する為、
2000年8月に、CADMAC-WINを導入しCADデータ(2D−DXF)受け入れ
に対応、2001年2月にレーザー加工機を導入、さらにCADMAC2000に
バージョンアップすることで、3D−CADデータ(3D−IGES)受け入れにも
対応いたしました。これによりNCデータ作成の効率化、プログラムミスの
減少等に威力を発揮しております。次なる階段を確実に上る為に、社員全員の
能力の向上、更なる効率化を積極的に推進していこうと考えます。
 

会社概要

業 務 内 容
1.精密板金加工
2.製缶加工
3.レーザー加工
4.筐体組立
5.以上に付く一切の業務。
会 社 名
有限会社竹内工作所
取 引 銀 行
○埼玉信用組合 (小鹿野支店)
○埼玉りそな銀行(皆野支店)
〇群馬銀行(熊谷支店)
〇東和銀行(秩父支店)
取引先企業
○株式会社秩父富士(富士電機グループ)
○株式会社メーコー(ナルセグループ)
○高宝工業株式会社
○関東精機株式会社
○株式会社古川製作所
○株式会社岡本工作機械製作所
○技研株式会社
○株式会社サンワ
○株式会社明電舎太田事業所
○株式会社明電舎甲府工場
○株式会社リード
○株式会社エムケー(カシヤマグループ)
○株式会社日本製衡所
○株式会社明星電気(IHIグループ)
○ケンコートキナー株式会社
○富士機械株式会社
○国際スプリング株式会社
所 在 地〒369-1503 埼玉県秩父市下吉田4805
電 話 番 号0494-77-0986
FAX番号0494-77-1581
代 表 者代表取締役 竹内 順
創 業 年 月1968年3月
設 立 年 月1984年4月
資 本 金800万円
従 業 員 数
17名(パートを含む)

会社沿革

1963年3月現住所に板金加工業を創業する。
1980年NCT(NCターレットパンチングプレス)を導入。
1984年4月設立、有限会社 竹内工作所 となる。
1984年オートバックゲージ付ベンダーを導入。 新規に、2台目のNCTを導入し生産力向上を図る。
1988年オールNCラインの先駆けとして、NCベンダーを2台導入する。
1994年板金部品の高度化に伴い、NCTの入れ替えを実施。 AP−40(自動プログラミング装置)を導入し、NCTデータ作成の省力化を実現。
1997年新工場完成。NCべンダー(2m用)を導入し長尺物に対応。 旧工場を溶接工場とし、筐体組立を開始する。
1998年NCタッピングマシンを導入し、タッピング工程の省力化を図る。これにより、抜き〜タップ〜曲げ工程のオールNC化が実現。
1999年後工程の効率化の為、ターンテーブルプレスを導入。
2000年3D-CAD/CAM CADMAC2000を導入、これによりCADデータ受け入れに完全対応。
2001年レーザー加工機を導入し、レーザー加工、製缶加工を開始する。
2002年ロールベンダー(三本ロール)を導入し、R曲げ加工を開始。
2002年スタッド溶接機を新規導入する。
2003年“アマダ製直流インバーター式スポット溶接機”を新規導入し、近年要求の多いアルミスポット加工に対応する。
2003年各種溶接加工品に対応する為、“ダイヘンDP350”を導入。
2003年ヘガー油圧式クリンチングプレスを導入。
2005年レーザー加工機を導入。
2007年NCT(NCターレットパンチングプレス)を導入。

交通アクセス

埼玉県秩父市下吉田4805

有限会社竹内工作所
〒369-1503
埼玉県秩父市下吉田4805
TEL.0494-77-0986
FAX.0494-77-1581


精密板金加工
製缶加工
レーザー加工
筐体組立
以上に付く一切の業務。


 

0
0
3
9
0
8
TOPへ戻る